捗る人生攻略 -人生を変えるための攻略サイト-

人生攻略情報をで人生を変えましょう!

3Dプリンタはこれからどんどん一般的になっていくはずです。その前に簡単な知識ぐらいはつけておきましょう。

      2016/11/03

LINEで送る
Pocket

つい最近一般的にも知られるようになった3Dプリンタ。

1980年代から存在してたりします。

しかしそのときは高価であるばかりでなく、特殊な制御を求められるため一般に普及は難しいものがありました。

『簡素なものしか作れないのなら意味が無い、使えない』

なんていう人もいますが、昔の人がインターネットや携帯電話について同じことを言っていたことがあるので気にしないようにしましょう。

インターネットも快適になり、携帯電話も進化し、私達の生活に無くてはならないものとなっているのですから。

3Dプリンタもこれからどんどん進化し、私達の生活になくてはならないものになっていくでしょう。

それこそ一家に一台あるのが当たり前になったパソコンのように。

3Dプリンタとは

3Dプリンタで(その他の機器も同じように)勘違いされることがあります。

それはそれが革新的技術だということです。

3Dプリンタは1980年代から存在します。

昔からある技術を掘り出して改良しているだけです。

ニンテンドーDSが流行ったときもそうでした。

昔からあるタッチ画面というものをゲームに応用しただけです。

決して革新的なんではないのです。

しかし革新的な技術ではないものの、ITの発展により一般的に知れ渡り、個人でそれを所有できるようになったという点においては革新的な発展と言えるでしょうね。

現在3Dプリンタで作れるもの

現在一般人に販売されている3Dプリンタでは簡単なものしか作成できず、作成に必要な材料もまだまだ高いです。

しかしこれから技術の発展によってどんなものでも作れるようになっていくでしょう。

3Dプリンタで使う材料

3Dプリンタの材料の主流はABS樹脂PLA樹脂というものです。

まだまだ安いとは言えませんが、これから発展していくにしたがって材料が安価になったり、ゴミからものを作成できたりすることができるようになるかもしれません。

今のプリンタ販売戦略のように機器自体を安価で売り出し、材料(紙面プリンタの場合ではインク)を高く売るということになるかもしれませんけどね。

3Dプリンタの値段

まだまだ高価な3Dプリンタ。

しかしこれから多くのものがそうだったように発展し安価になっていくでしょう。

一家に一台あるのが当たり前になると販売競争は激化するのでどんどん安くなっていきます。

3Dプリンタのこれから

何度も言うように、3Dプリンタは一家に一台あるのが当たり前になる時代がきっと来ます。

そんな社会になったら、家の中必要なものや小物は大抵のものが自分で作ることができるようになります。

なので3Dプリンタの成長を見守っていきましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - コラム ,