捗る人生攻略 -人生を変えるための攻略サイト-

人生攻略情報をで人生を変えましょう!

快眠を目指すことで人生が変わります!ストレス社会な現代日本、そんな中でも快く眠りにつきたいあなたなら必見です!

      2016/11/07

LINEで送る
Pocket

睡眠は人生においてかなり重要な位置を占めています。

寝ている時間というものは人生の三分の一ですからね。

そのため睡眠は私達が起きている時間にも大きな影響を与えます。

なので快眠を手にすると、大げさではなく人生が変わります。

眠りが浅いことによる弊害

眠りが浅い状態で日々を過ごしていると、様々な弊害が自身に降りかかってきます。

脳の働きが鈍くなる

脳の回転が遅くなってしまうため物事を考えることが億劫になったり簡単なことを難しく感じたりします。

小さなミスをしてしまう

集中力が散漫になってしまうため小さなミスも多くしてしまいます。

仕事をしている人なら小さなミスですら致命的になりがちですよね。

一日中ぼーっとしてしまう

ぼーっとしている時間が多くなってしまうのも眠りが浅いことの弊害。

物事の取り掛かりが遅くなったり途中で無意識に中断してしまったりと何かをするのが難しくなってしまいます。

イライラする

眠気と働かない頭のせいでイライラしがちになります。

イライラして他人にあたってしまうと人間関係にも影響が出てきてしまいます。

快眠とはどういうことか

ただ睡眠時間を長くすることが快眠とはいいません。

それどころか、長い睡眠時間をとってしまうと体がだるくなってしまい、日常生活に支障が出てしまいます。

逆に当たり前ですが、睡眠時間が短いことでも快眠にはなりません。

効率のいい睡眠法を取れば快眠もできるかもしれませんが、睡眠の効果を十二分に発揮するためには十分な睡眠時間は必要です。

睡眠時間が短いと常時眠くなり、寒気がしたり、頭の回転が鈍くなったりします。

では快眠とはどのようなもので、どのように行えばいいのでしょうか。

快眠を目指すために必要なこと

快眠に必要な原則は『睡眠時間』『眠る時間帯』『眠る環境』が挙げられます。

睡眠時間

人はそれぞれ自分に適した睡眠時間というものがあり、人それぞれ様々で、短眠型のショートスリーパーから長眠型のロングスリーパーまであります。

私は長い睡眠を必要とするロングスリーパーであり、8時間から9時間の睡眠時間を必要とします。

私の姉はショートスリーパーで、6時間以内の睡眠時間が適正だと言っています。

成人の平均睡眠時間は7時間前後と言われていますが、人それぞれ違うのでそれに合わせようとせず、自分に合った睡眠時間を探してみてください。

眠る時間帯

例えばあなたの適した睡眠時間が7時間だとしても、深夜2時に寝て朝の9時に起きるなんてことをしても快眠とはなりません。

眠る時間帯というものは睡眠にとって重要なもので、時間帯によって睡眠の質からその効果まで差が生まれてしまいます。

眠る環境

眠る環境というものも快眠には必要な要素の一つです。

自分にあった硬さやサイズの布団で寝るのと、こたつで寝るのとでは睡眠に差が出るのは考えるだけでも分かりますよね。

快眠できたことによるメリット

肌の質が良くなる

肌の修正能力にはサイクルがあり、一番肌が再生(綺麗になる)時間帯は夜の10時から深夜の2時までの間と言われています。

その時間帯はちょうど快眠に必要な時間帯です。

目覚めが良い

子供の頃はいつでも寝起きは心地が良かったことを覚えていますか?

いつからか寝起きは悪いものだと思い始めてしまいがちですが、快眠すれば子供の頃のような寝起きを取り戻せるのです。

すぐに覚醒状態になる

寝起きが良いと覚醒も早いです。

脳がすぐにトップギアに入るので、だるさもなくそのために時間を無駄にすることもありません。

雑念が消える

雑念が消え、物事に集中できるようになります。

逆に睡眠状況が悪かったりすると雑念ばかりが頭の中に浮かんできて

快眠を目指すために必要なもの・こと

私が快眠を目指して収集した快眠の極意を伝授しましょう。

敷布団・マットレス

敷布団やマットレスはなるべく厚めのものにしましょう。

薄すぎて体が痛くなってしまうようでは快眠には程遠いので。

硬さ・柔らかさはお好みで選びましょう。

枕・枕カバー

枕は自分が寝転がったときに頭の位置がちょうどいい高さにくる枕を選びましょう。

常に枕が頭の下にあるように長めのものがいいと思います。

枕カバーも肌触りがいいものを選びましょう。

シーツ

基本的にシーツは汗を吸うので適度に取り替えたほうがいいです。

そのため何枚かストックを用意しておきましょう。

掛け布団

掛け布団の種類も多用ですが、季節ごとの快適な使用法を考えましょう。

春から夏は吸湿性と発散性が高い布団を使い、

秋から冬は冷えるので羽毛布団などを重ね熱を逃がさないようにしましょう。

なんにしても体は冷やさないように工夫することが大事です。

照明

快眠を目指す上で、寝る際には照明は全て消しましょう。

明かりがついていないと怖いという人もいるでしょうが、覚醒状態にならないように就寝時は真っ暗の部屋にしましょう。

そして眠りにつく数時間前から明かりは暗くしておきましょう。

なるべくなら寝る前は温かみのある明かりを選択します。

部屋に入る明かり

窓の隙間から電灯の光などが差し込んでいると眠りの妨げになってしまいます。

カーテンはしっかり閉め、光がなるべく入らないように心がけましょう。

寝室にテレビなどが置いてあって主電源を消さないでいると、常灯などの光がついてしまっているので気になる人は何かで光を遮りましょう。

ホコリ・ハウスダスト

ホコリなどが中に舞っていると鼻呼吸の人は鼻が出たり詰まったりで、口呼吸の人は喉が痛くなって眠りが浅くなってしまいます。

事前にこまめに掃除し就寝前は空気清浄機などでホコリの除去をしておきましょう。

部屋が寒いとき

部屋の中が寒すぎると睡眠の質は落ちてしまいます。

なのでその対処法を教えます。

布団の枚数を増やす

これが一番手っ取り早いですよね。

なんでもいいので布団の枚数を増やしましょう。

敷布・シーツを温かめのものに変える

ものによっても温かさは違います。

もし夏用のものを使っていたとしたらそりゃ寒いはずです。

保温性に優れた布団に変えましょう。

足元に電気毛布を敷く

これがなんとも気持ちが良いです。

足元が温かいと全身が温まってきます。

だけど低温やけどには注意して使用してくださいね。

部屋が暑いとき

暑すぎるときの対処法も教えていきます。

クーラーを付ける

快適な睡眠のためには最適なんじゃないですかね。

しかしもとから付いていない部屋だとしたら大掛かりに取り付けなければなりません。

でも今は窓用クーラーといって、窓に直接取り付けられるクーラーがあるので検討してみてはいかがでしょうか。

私はこの窓用クーラーで夏場の快適な睡眠を手にしました。

水枕

比較的安価で購入できます。

冷蔵庫で冷やしてから使うとひんやり気持ちが良いです。

熱さまし-とを貼る

額が冷たくなるとなんだか涼しくなってきます。

冷やせば何度でも使えるものを買うとコスパがいいです。

手足を冷やす

手足を冷やすと全身が冷えます。

眠りにつきやすくなるのでおすすめです。

氷を食べる

口の中を冷やすことでも涼しくなってきます。

水分補給もできるので一石二鳥ですね。

雑音

雑音があると寝付きが悪くなりますよね。

テレビの音

テレビの音があると寝付きにくいですよね。

ですから寝るときはテレビは消しましょう。

そして後術する電磁波の問題もあるので、寝室にはなるべくテレビはお置かないようにしましょう。

不可抗力の音

道路や線路が近くにあったりすると雑音が入ってきますよね。

完全防音の家に住んでいるならいいのですが、みんながみんなそうではないでしょう。

なので対処法として耳栓をして寝るのがいいかもしれません。

電磁波

パソコンなどの電子機器から発される電磁波は、人体に多大な悪影響を及ぼします。

電磁波はテレビやスマホからも放出されているので、電子機器は寝室には持ち込まないといったことが快眠のコツになります。

就寝前の飲食

就寝時間前に食事をしてしまうと、眠りが浅くなってしまうことがわかっています。

さらに飲料の飲み過ぎもトイレが近くなって眠りが浅くなってしまいます。

寝る前の過度な飲食は避けましょう。

しかし水分補給のために適度に飲むことは必要です。

でもコーヒーなどのカフェインが入っているものを飲むことは控えましょうね。

目覚ましの有無

時間に精確でなければならない現代社会。

目覚ましは必要不可欠と思っている人も多いと思います。

しかし無理やり起こされたときって気分悪いですよね。

本当は目覚ましで起きないで自然に起きた方がいいんです。

精神状況

精神状態も睡眠には多大な影響を与えます。

楽しい気分で寝たときと、悲しい気分で寝たときは寝つき方も寝起き方も違うでしょうからね。

身体状況

身体的に疲れていると寝るのが気持ちいいですよね。

逆に全然疲れていないと寝付きにくいです。

適度に運動して寝る前には疲れてみましょう。

快眠グッズ

最低限これだけ押さえておけば快眠に近づくというグッズをまとめてみました。

アイマスク

瞼だけでは抑えきることのできない光を完全にシャットアウトしてくれます。

まつげに当たって鬱陶しいという方には目の部分が突起しているアイマスクもあります。

耳栓

どうしても雑音が多くて寝れないという方は耳栓を勧めます。

百円均一でも売ってますが遮音性のことを考えてちゃんとしたものを買うようにしたほうがいいと思います。

ホットミルク

寝る前に温かいものを飲むとほっとして(ホットだけに)眠りやすくなります。

温かいものだからといって、ホットコーヒーなどカフェインが入ったものをとることは避けましょう。

電磁波防止帽子

周りに電子機器を置くことは避けた方がいいのですが、個別な寝室がない人も大勢いると思います。

なので電子機器の電磁波の影響を受けてしまい不眠になってしまう人もいるはず。

そんな人には電磁波帽子帽子を勧めます。

空気清浄機

埃が待っていると鼻や喉の違和感で寝付きが悪くなります。

そのためにも部屋の空気は清浄に保ちましょう。

今は安価なものも売られているので一つくらいは買っておうた方がいいと思います。

エアコン

季節ごとに就寝に最適な温度に設定できることで快眠生活が捗ります。

前述もしましたが窓用クーラー(エアコン)という選択肢もあるので、取り付けに悩んでいる人も検討してはいかがでしょうか。

扇風機

夏場は首の動く扇風機で、体全体を冷やすように設置しておくと寝心地が良いです。

クーラーとは違った心地よさがあります。

快眠は人生を捗らせるために第一歩です。

何としてでも快眠を手に入れましょう。

自己啓発サイト『人生楽しい暇つぶし。』を開設しました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 良習慣 , , , ,