捗る人生攻略 -人生を変えるための攻略サイト-

人生攻略情報をで人生を変えましょう!

音楽療法の効果を侮るなかれ!心身の健康改善など多くのメリット有り!

      2017/10/04

LINEで送る
Pocket

もはや携帯にも標準で搭載されようになった音楽再生機能。

日常的に音楽を聞けるようになったため、音楽を聞くことが趣味になっている人も多いのではないでしょうか。

音楽療法という音楽を使った健康法もあるくらい音楽というものは有用なんですよね。

いろんな効果がありながら、日常に浸透している『音楽を聴く』ということのメリットを書いていきます。

 

音楽の効果

音楽には様々な効果があります。

各音楽の種類ごとにその効果を見ていきましょう。

クラシック

音楽で最も人間に良いと思われているものがクラシックです。

クラシック音楽は、人の心拍間隔に合ったリズムとされる小鳥のさえずりや川の流れる音、波の音などの『自然の音』と同じでリラックス効果があります。

さらに脳に与える影響として、物事の発想や想像力を司る右脳を刺激し活性化させるそうです。

音楽療法という医療の分野があり、そこで積極的に使われているのがクラシックは認知症などに効果を発揮しているそうです。

ストレス対策にも良く、仕事などで疲れたときは積極的に聴くと良いでしょう。

リラクゼーション効果があるため、寝付きが悪いときには良い子守唄にもなりえます。

ジャズ

クラシックと似ている音楽がジャズ。

クラシックと似ていてリラックス効果があります。

クラシックがヨーロッパ生まれだったのの対し、ジャズはアメリカ生まれ。

クラシックとの違いはリズム隊の有無や、楽譜の違いなどです。

アドリブが主体の音楽なので、楽譜自体はそれほど重要ではなく弾きながら音楽を作っているという感覚が強いです。

そのため楽譜に固執するクラシックより演奏していて楽しいと思えるのがジャズなのではないでしょうか。

ロック

何より魂を揺すぶられるのがロックンロールでの一番の効果ではないでしょうか。

現代人はロックの曲を良く聴くような傾向にありますね。私もロックはよく聴きます。

ロックの中でも様々種類がありますが、ただ音を歪ませて叫び倒すのだけがロックではありません。

騒がしいロックもあれば穏やかなロックもある。

ロックンローラーそれぞれのロックの概念も違い、それぞれがロックに別の意味を含ませています。

しかしそれが誰かの心に響き、魂を揺さぶることができたのならそれはロックなのでしょう。

ポップ

ポップとは時流に乗ったという意味があります。

普段からよくテレビで流れている音楽はこのポップ調が多いです。

年齢層に隔たりがない種類なので、話の話題にするならポップミュージックがベストなのではないでしょうか。

音楽を聴く汎用的なメリット

聴く音楽によって気分を変えることができる

世界には様々な音楽が溢れています。

心を癒やすもの、テンションを挙げるもの、感傷的になれるもの……。

様々ありますが、なりたい気分に合わせてあるいはそのときの気分に合わせて聴くとその効果を発揮します。

音楽によって気分が変わり、あなたがそのときなりたい感情に近づけることができるのです。

現実逃避できる

耳にイヤホンを突っ込んで音量高く聴いていれば、擬似的に現実から遠く離れることができます。

耳がふさがると世界が自分しか存在しないように感じ、音楽の世界に没頭できます。

代表例・碇シンジ

音楽を聴くシンジくん

音楽を聴くシンジくん

共通の音楽を聴く人との話題になる

音楽を聴くという趣味はもう言うまでもないくらいにメジャーですが、その種類は多岐にわたるためそのジャンルによっての会話も様々生まれるでしょう。

会話が苦手な人の間取に使える

例えば車内で会話が苦手な人と相席になったり、自分がそもそも会話が苦手だったりすると沈黙が立ち込めてしまうことがあります。

そんなときに音楽を流してみましょう。

ラジオでも良いのですが、自分の好きな曲だったり相席の人の好きな曲だったりすると会話のきっかけになるかもしれません。

鬱陶しい店員を話しかけづらくする

家電ショプや服屋などでは店員がポイント稼ぎのためかよく話かけてくることがありますよね。

ただウィンドウショピングしているだけなのに話しかけられると困ってしまいます。

そんなときに話しかけることを躊躇わせることができます(笑)音楽の音色を変えてみる

最近の音楽再生機器にはイコライザやVPT(サラウンド)などで音楽を様々な音色に変えることができます。

スタジオ音源やライブのような臨場感のあるもの、マトリックスなどで広い空間で聴いているかのようなものに変えることができます。

イコライザでは強調する音域を決めるなどして自分の好きな音色に設定できます。

同じ曲でも音色が変わると全然違った雰囲気の曲になるのでおすすめです。

音楽を聞くのに便利なもの

音楽を聴くために必要なもの・便利なものは様々あります。

そのいくつかを紹介していきましょう。

スピーカー

聞き流すにはスピーカーを使うといいです。

しかし音楽を流すときには音量に気をつけなければならず時と場所を選びますが、大きさに制限がない機器なので音質はそれに比例して良い傾向にあります。

形も様々で、机における小型なものから

床に直接置くような大きなものまであり、

防水性があって水に浮かべられるものや

壁に貼り付けられるものなど、

利便性に富んだものもあります。

2.1chから5.1chなどスピーカーの数とウーファー(後述)で表したサラウンド表現方法があり、5.1chなどでは自分の後ろにもスピーカーを設置するので大迫力の臨場感を味わうことができます。

最近はフロントサラウンドシステムというもので、たった一つのスピーカーで音が聞こえる位相を変化させ、聴き手を包み込むような音を再現することができます。

ウーファー

重低音を感じたいのならウーファーを使うといいです。

取り付け部分があるスピーカーに設置するものをサブウーファーといいます。

重低音を追加することによって音楽の幅が広がりより良い音楽を聴くことができるようになります。

デジタルオーディオプレイヤー(DAP)

旧来はMP3の再生に対応したMP3プレイヤーと呼ばれていました。

DAPの元祖と言われるSONYのWALKMANやAppleのiPodなどがありますが、現在はありとあらゆる携帯端末に音楽再生機能は付いていますね。

WALKMAN

音質を求めたいのであればWALKMANを勧めます。

音質なんて再生機器で変わらないという人もいるそうですが、はっきり良いますが全然違います。

私はWALKMANとiPodをどちらも持っていますが圧倒的差でWALKMANが勝ちます(疑うのでしたら聴き比べてみるといいでしょう)。

最新機能も搭載されることが多く、機能重視なのであれば当然WALKMANを選ぶでしょう。

iPod

音質はSONYに及ばないまでもiPodを選ぶメリットももちろんあります。

SONY製品には嘘か誠かSONYタイマーと呼ばれるものがあり、一定期間たつと不具合が生じてきます(生産工場を海外に変えたことが原因だと思われる)。

私のWALKMANもボタン部分が少々誤作動します(苦笑)

Apple製品はそんな誤作動が少ないです。

個体ごとが常に高品質なのがApple製品の特徴で、日本製品に負けず劣らずの品質です。

そんなiPodですが、デザインも素晴らしくシンプルイズベストを実践しています。

使い心地もよく、操作するのが楽しいというのもiPodの特徴。

格安プレーヤー

音質も操作性もどうでもいいやと思う方は安さで選ぶのもいいでしょう。

様々種類はありますが、大きさ・容量・機能面で自分にベストのものを選びましょう。

イヤホン

現代人はイヤホンをつけて外出などして外でも音楽に浸ることができるようになりました。

コンパクトなので邪魔にもなりません。

スピーカーと違い大音量で流しても他人の迷惑にはなりづらい反面周囲の音が完全に聞こえなくなるため注意を払いながらの行動が必要です。

自転車に乗りながらのイヤホン装着も、その危険性から近年取り締まりが厳しくなってきたのでやめましょう。

音楽だけに集中できるので存分に音楽を楽しみたいときにおすすめです。

種類は昔ながらあり比較的安価なインイヤー型、

装着感抜群のカナル型などがあります。

比較的高価になりがちですが、周囲の雑音をシャットアウトするノイズキャンセリング機能があるものもあります。

ヘッドホン

音楽の世界にどっぷりと浸かりたい方におすすめ。

幅を取るので持ち運びに悪かったり、音漏れなどの理由で自宅使用が主だと思います。

しかしスピーカーより遮音性があり、イヤホンより高音質なものが多いので時と場所を選べばベストな選択肢だと思います。

ヘッドホンにも様々な形があり、小型で持ち運びに便利なものや

大型で音質重視したもの、

デザイン重視で外出時にファッションとして使えるものや、

イヤホンと同じようにノイズキャンセリング機能があるものがあります。

音楽再生枕

音楽再生枕を使えば耳のすぐそばでイヤホン装着の疲れなどを感じずに音楽を楽しむことができます。

寝るときなどリラックスする音楽をかけながら眠るというのもありだと思います。

ギター・ベースアンプ

ギターやベースのアンプで音楽を再生してみるのも味があっていいと思います。

標準で歪ませる機能が付いているので気分によって思い切り音を変えて聴いてみるのも楽しいと思いますよ(笑)

終わりに

いかがだったでしょうか。

音楽の持つ力やその音楽を快適に聴く方法などを理解できたと思います。

いつも聴いている音楽をただ聴くのではなく、集中してその裏に潜む効能を感じてみるのもいいかもしれませんね。

自己啓発サイト『人生楽しい暇つぶし。』を開設しました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 健康 , , ,