捗る人生攻略 -人生を変えるための攻略サイト-

人生攻略情報をで人生を変えましょう!

視力回復法って結構いろいろあるんですよ!視力矯正技術はどんどん進歩してます!自分に適したものを選んでみましょう!

      2016/11/04

LINEで送る
Pocket

近視大国日本では、近視者の数が総人口の四割を超えています。

もともと近視になる遺伝子の人が多いのか、それとも単にものを近くで見たりする人が多いだけなのか。

高度経済成長期なんかの映像を観ると、メガネをかけた人を多く見ます。

海外の主に欧米の日本人男性のイメージではメガネをかけているというのが当たり前のようになっています。それも高度経済成長期に作られたイメージなのでしょうね。

そもそも近視とは目の病気などではなく、ただいつも使っている場所へのピントが合ってしまているだけであり、本当は悪いことではないのです。

遠視も同じようにピントが遠くに合ってしまっているだけで、近いものが見やすいか遠くのものが見やすいかの違いしかありません。

視力が良いとされる部族は圧倒的に遠視であり、近くのものがよく見えるというわけではありません。

その点で言えば彼らも視力が悪いということであり、要は視点(視力だけに)の問題なのです。

しかし遠くも近くも見えなくなるのであれば強度近視は『視力が悪い』ということになりますね。

近視が進むと日常生活に不具合が生じてきます。

今まで見えていたものが段々と見えなくなってくということは恐怖ですよね。

近視が進んでくるとより近くでもの見ることが増え、さらに近視が進むという悪循環に陥ってしまいます。

いつか急激な視力悪化は止めなければなりませんが、普段から気をつけていなければならないので結構精神的に負担になったりします。

視力は日常生活次第で良くも悪くもなりますので、これ以上悪くしないように心がけるようにしましょう。

視力を回復・悪化を防ぐ方法

遠くを見る

昔から遠くを見ると近視が治ると言われていますね。

現代社会では近くを見ることが多くなり、遠くを見ることが少なくなっています。

意図的に遠くを見るようにすることで近視を抑制することができるかもしれません。

発光体を見ないようにする

パソコンやスマホの画面などは当たり前のように発光していて、そこからはブルーライトという目にとって有害な光が出ています。

あなたがご覧になっているそのパソコンかスマホからも当然ブルーライトは出ています。

ブルーライトの害を受けないようにするにはもちろんパソコン・スマホの画面を見ないようにするのが一番ですが、このユビキタス社会におてはそれは困難なことでしょう。

なので対処法としましては、画面自体にブルーライトカットのシートを貼るかジンズPCなどのブルーライト抑制メガネをかけるなどがあります。

さらには暗いところで発光体を見るとピントを合わせるところがその画面に限定されてしまうためなのか、近視悪化のスピードが早くなってしまいますので注意が必要です。

緑を見るようにする

緑色には目を癒す効果があるそうで、それだけでも視力を回復する効果があるそうです。

しかしこれは視力低下の初期段階でのみの効果なのであしからず。

目にいいというのは事実なので重度近視であっても緑を見るということは重要なことたと思います。

立体視力回復法を使う

寄り目をすることで立体に見える画像を見ることで近視を和らげるという方法があります。

本屋に行けば今ではどこでも買えると思いますが、サイズ的にはA4サイズ以上のものから文庫サイズのものまであります。

見やすさで言えば大きい方を勧めますが、持ち運びができいつでも近視抑制ができる文庫サイズを買った方がいいかもしれません。

画像なのでJPEGなど画像ファイルがネットに転がっていますが、発光体なので逆効果になるかもしれませんのであまりおすすめはしません。

ピンホールメガネをかけて生活する

ピンホールメガネとはメガネの形をした真っ黒なものにメガネのレンズに当たるところに穴が均等にいくつも空いたもののことを言います。

ピンホールメガネをかけるとレンズ部分の細かな穴から外側を見ることができ、近視だった場合自分が見ることのできる最高の視力を体験することができます。

このピンホールメガネで遠くを見たり穴の縁を見たりすることで近視を抑制するという効果が期待できます。

今では百均でも買うことは可能ですが、穴が均一でなかったりという不具合があったりするのでなるべく良い物を買ったほうが良いと思います。

裸眼で過ごす

裸眼族と呼ばれる人たちがいます。

裸眼で生活できる人はみんな裸眼族と言えるわけですが、そうではなく、普段裸眼で過ごすことが困難な強度近視の人たちのことを指します。

強度近視だと世界のほとんどがぼやけており、私だったら恐怖しか感じ得ませんが裸眼族はその世界を生きています。

裸眼で過ごすことによりメガネに頼らないため自然に視力が回復することを目的としてそう過ごしている人もいます。

しかしメガネやコンタクトは煩わしいので裸眼族として過ごす人の方が多いのではないでしょうか?

BUMP OF CHICKENのボーカル藤原基央氏はメガネなどをかけて見えすぎるのが怖いため裸眼で過ごしているそうです。

視力回復手術を受ける

レーシック

視力回復手術として一番有名なのがこのレーシックではないでしょうか。

レーシックは数万から数十万まで費用の範囲が幅広く、その方法も多岐にわたっ ています。

数万から行える非常にリーズナブルな視力回復法ですが、その視力回復法は疑問 視されることもあり手術を受ける際には注意が必要です。

レーシック難民と呼ばれるレーシック手術を施したことによる副作用や合併症に 悩む人達がいます。

レーシックは角膜を削ることで無理矢理にピントを合わせる手術のことを言いま す。

そのためにものの見え方がおかしくなってしまうこともあります。
レーシックでは角膜削ってしまうがために可逆性がありません(元に戻すことが できない)。

手術後すぐの見え方が正常でもそれから時間経過によりおかしくなってしまう人 たちがいます。

そんな事案が多くあるため、いくら安価であっても私はレーシック手術は勧めま せん。

もし受けるのだとしたら、安いものは選ばず、高価でも安全性の高いものにしま しょう。

オルソケラトロジー

ギリシャ語でオルソは『矯正』、ケラトは『角膜』、ロジーは『療法』と読み、 つまりオルソケラトロジーとは日本語で『角膜矯正療法』という意味になります。

治療法は個人個人それぞれの角膜形状に合ったコンタクトレンズを夜間に装用し、角膜の形状を変化させることによって視力を矯正する方法です。

夜間に形状変化させた角膜はレンズを外しても一定時間残るため、昼間活動する 際には十分な視力が得られます。

レーシックのような手術らしい手術ではないため、いつでも元の視力に戻すことができます。

逆に言えば、一日で視力は元に戻ってしまうため毎日夜間は装用しなければなりません。

手術費は両目で25万程度を見ておくといいでしょう。

オサート

オルソケラトロジーで矯正できなかった強度近視や強度乱視にも対応されたオルソケラトロジーの上位互換の治療法。

オルソケラトロジーとの違いは個人個人の角膜に完全に合ったカスタムメイドのレンズを使用することです。

そのため手術費は普通のオルソケラトロジーより高く、両目で40万くらいでしょ うか。

IOL

前房型有水晶体眼内レンズというのがIOLです。

専用の特殊なレンズを眼内に入れることで視力矯正を行います。

技術的には白内障手術などの応用技術なので安全性は確立されていると言っていいでしょう。

費用は片目15万くらいからあります。

ICL

後房型有水晶体眼内レンズというのがICLです。

以前からあったIOLの進化版がこの手術です。

IOLとの違いはレンズを入れる場所です。

IOLではレンズを角膜と虹彩の間に入れていたのに対し、ICLではレンズを水晶体と虹彩の間に入れます。

この手術による最大のメリットはIOL同様に可逆性(元に戻せる)があるというこ とです。

レンズはいつでも取り出すことができ、見え方が気に入らなかったり、新たな視力回復法を受ける際などに役立ちます。

費用は片目30万からで、穴あきレンズはさらに数万高いです。

手術費用はまだまだ高いですが、私がおすすめする一番の視力矯正手術がこれで す。

私も手術費用が貯まり次第に受ける予定があります。

ブルーベリーなど視力に良い食材を摂る

ブルーベリーにはアントシアニンと呼ばれる目に良いとされる栄養素が含まれています。

アントシアニンには即効性があり、パソコンの作業などで疲れ見えづらくなった目を正常に近づけてくれます。

回復手段ではなく矯正手段

メガネ

古来よりある視力矯正法。

長年つけていると体の一部のように感じられるらしく、

自分の視力に合ったものを選ばなければ十分な視力を得られないばかりか、頭痛や視力低下を引き起こしてしまう。

コンタクトレンズ

ソフトコンタクト

処方箋がなくても通販で買えてしまうお手軽なものがこのソフトコンタクト。
一日使い捨てから、二週間使い捨て、一ヶ月連続装用まで様々あります。

一日使い捨て

いわゆるワンデーコンタクトです。

一日で捨ててしまうため目の健康にも良く、洗う手間も省けるためお手軽なコンタクトといえます。

二週間装用

二週間の間に装用・洗浄を繰り返し使うことができます。

私も最初はこのタイプを使っていました。

一番無難なタイプなので初心者はこのタイプから使うのが良いと思います。

一ヶ月連続装用

一ヶ月の間なら起きているときはもちろん寝ているときもつけていて大丈夫なのがこのタイプ。

実は私もこれをつけていて一ヶ月間取り外すことなく生活しています。

このタイプを使い始めて一年くらいになりますが、眼科での検診で特に異常は見られませんでした。

ずっとつけていられるため取り外しや洗浄、取り付けの面倒な作業がほとんどないためストレスフリーです。

注意したいのが連続装用ではない一ヶ月装用タイプがあることです。

このタイプは一ヶ月間の間なら使い続けられるものの、連続装用ではないため寝る前には取り外さなければなりません。

一ヶ月装用タイプで異常に安いと思ったら注意してください。

私も間違えて買うところでしたから(笑)

私が知る範囲では一ヶ月連続装用タイプはエアオプティクスEXアクア(旧O2オプティクス)のみです。

ハードコンタクト

コンタクトの中でも一番敷居が高いのがこれだと思います。

個人個人に合ったハードコンタクトが必要になってくるため、通販でお手軽に買うといったことはできません。

ソフトコンタクトと違い、眼球の表面に張り付くことはなく目の水分の上に乗るといった形で装用します。

そのためにソフトよりズレたり何かの衝撃で外れたりするといったことがあります。

その他目の疾患等

老眼

人間は年を取ると誰しも老眼という 目のピントが遠くに合わされてしまう老眼というものを発症してしまいます。

生理現象なのでしょうがないのですが、日常生活が不便になってしまうため対策が必要です。

矯正法を見てみましょう。

老眼鏡

一番ポピュラーな矯正法といえば老眼鏡ではないでしょうか。

老眼は定められた視力矯正基準が曖昧なので百円均一ショップでも老眼鏡は購入 することができます。

老眼矯正手術

視力回復手術の中には老眼を回復効果があるものもあります。

老眼鏡で強制できる老眼ですが、それ自体が鬱陶しいのであれば手術をして元か ら矯正してしまうのも一つの手だと思います。

不同視

両目の視力差が異常に開いてしまうことを不同視と言います。

いわゆるガチャ目というやつですね。

実は私もこの不同視であり、対策を行うまでは非常に不便でつらい生活を営んでいました。

片目が0.7でもう片目が0.01以下なので見え方がかなりおかしく、まともにものを見ることすら困難でした。

見え方は0.7までの視力は出せるものの、白く靄がかかっているように見え、何かを見ることに集中ができません。

不同視はメガネでは矯正できません。

視力差がありすぎるため両目のレンズの違いからか見え方が歪んで見え、気持ち 悪くなり吐き気をもよおすほどでした。

この不同視にも矯正法はあります。

コンタクト

両の目でものを見るとすればコンタクトが手っ取り早い対処法だと言えます。

私もコンタクトで対処しており、何の対策もせず不同視だった頃とは比べ物にな らないほど見え方・見え方に精神状況が改善しました。

花粉の時期や体の水分がなくなりやすくなる夏などはズレてしまって鬱陶しいと きもありますが今は満足しています。

眼帯

コンタクトがなく、両の目を必要としないときは眼帯も対処法の一つとなります。

片目でしか見えなくなるものの、不同視でなくなるというだけで精神上楽になり ます。

片目だけ閉じて生活するのもいいですが、まぶたの皮は薄いため光が入ってきて 鬱陶しいので前述の通り眼帯で目を塞ぐのがいいと思います。

視力矯正手術を受ける

これが一番いい対策かもしれません。

不同視の場合、手術を受けるのが片目だけなため、費用はその分半分になります。

手術を受ける際はその手術の内容をしっかり吟味し、自分に合った最適のものを 受けるようにしましょう。

最後に

視力というものは一般的に一度悪くなったら二度と良くならないと思われていますが、子供の間ならまだまだ近視を治すことは可能です。

大人になってしまうとピントを合わせるためのレンズである水晶体が厚くなったまま固まってしまい視力回復が困難になっています。

しかし、大人になってからも手術などせず視力が回復したなどという情報が世の中にはあり、自然に回復することを諦めるのは早計だと思います。

なんにせよ近視を治す方法はいくつもあるので近視のせいで日常生活が不便だと感じている人はそのことを考えてみるのもいいでしょう。

自己啓発サイト『人生楽しい暇つぶし。』を開設しました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - 健康 , ,