捗る人生攻略 -人生を変えるための攻略サイト-

人生攻略情報をで人生を変えましょう!

南極で、人工建造物であるピラミッドを発見。繰り返す。人工建造物。何千何百万年まえから人類もしくは宇宙人が地球にいた!?

      2016/11/07

LINEで送る
Pocket

元ロシア軍人エウゲネ・ガブリコフ氏が、ロシアにニュースサイト『karamola.info』のインタビューで、南極大陸に古代ピラミッドや次元転移装置などが隠されていると証言しました。

さらには、ナチスドイツの軍事施設跡らしきものまで残されていると暴露したんです。

正直、驚きました。

南極と深海には何かはあると思っていましたが、やっとこさ公表されましたか。

南極の人工ピラミッド

南極の人工ピラミッド1

南極の人工ピラミッド

南極の人工ピラミッド2

こんなものが南極大陸の氷に埋まっていたんです。

どう見ても人工物ですどうもありがとうございました。

「自然現象でたまたま偶然こんな形になったんだ」

なんて言ってお茶を濁す人がいますが、これに関しては「いや、不可能だろ」と言ってやります。

風の影響で岩が削られて三角錐になるなんてこともあるそうですが、このピラミッドずっと氷の下に埋まってたんですよ?

それにこんなきれいな四角錐は人工物にほかなりません。

今の段階ではまだ何もわかりませんが、これは人類の歴史を根底から覆す発見です。

このピラミッドはいつからあるのか

何千何百万年も前に南極の氷は出来上がったらしいですが、人類の歴史は諸説ありますが20万年ほど前からです。

おかしいですよね。

人類には20万年ほどの歴史しかないのに何千何百万年前の土地に人工建造物があるなんて。

そんな前に人類が実は存在していたか、宇宙人が建造していったのか。

ピラミッドの全貌がわからないためなんとも言えませんが、氷ができる前は南極大陸の大地にそびえ立っていたのだろうと思います。

700メートルから一番厚いところで4000メートルもある南極の氷ですからそれがどれだけ巨大な建造物か推測できますね。

エジプトピラミッドの『奴隷が作った』という定説()で考えても氷が出来上がったのが数千数万年前だからその時点で人類史がひっくり返ってしまいます。

南極の氷がもっと遅く(それこそ数万年ほど前)に出来上がったのだと考えるとするとポールシフトという考え方で解釈することができそうです。

ポールシフトとは要約すると惑星などの天体の軸がブレることを言います。

軸がブレると、例えば今の南極大陸が赤道直下の位置に移動してしまうと南極の氷が解け海水位が上がり、逆に今の南極の場所に赤道直下の国々がつくことになるのでそこは極寒の世界になります。

新世紀エヴァンゲリオンの例えで言うと、劇中にて西暦2000年にセカンドインパクトが北極で起こりポールシフトが起こった際に地軸が傾き、日本は常夏状態になってしまいました。

エヴァの日本は常夏状態

つまり、昔は南極大陸は温暖な地域でそこに人類が高度文明を築いていたということも考えられるのです。

超高度な技術を誇っていたとされる文明にアトランティスというものがあります。

そんな文明にも終わりのときは訪れ、今から約一万二千年前に大地震と大洪水が大陸を襲い、わずか一昼夜のうちに姿を消してしまったとされています。

これってもしかしらたポールシフトが起こったことかもしれませんね。
よしわからん!学研ムー (2016年9月号)を見よう!

そもそもピラミッドとは誰が何のために作ったのか

ラハブの意志で……。

うんゴキブリが作ったんだ!

ゴキブリ

ゴキブリ

 

 

 

嘘です。嘘に決まってます。どこのテラフォーマーだよ。

エジプトのピラミッドは墓場として利用されていますが、本当にそれだけなのでしょうか?

奴隷をゴミのように使ってあんなものを作るでしょうか?

反乱起きますよどう考えたって。

指導者「この三角のやつ作るから働け!」

 

奴隷数万人「あ?」

 

指導者「」

ってなりますよ絶対。

だからエジプトのピラミッドでさえ本当は何のために作ったのかは不明なんです。

だから私は何もわかりませんね。

 

 

 

よしわからん!学研ムー (2016年9月号)を見よう!

人類の歴史が覆るかもしれない

これまでの人類史は古代の超高度文明や宇宙人の存在を認めてはいません。

最古の文明とされるシュメール文明は『アヌンナキ』と呼ばれる神を崇拝していますが、そのアヌンナキは爬虫類のような姿形をしています。いわゆる爬虫類人という異星人と目されている者たちです。

そのときの人類(シュメール人)は自分たちのことを『ルル』と呼んでいました。

意味は、『混ぜ合わせて作られた者』です。

アヌンナキという爬虫類人に混ぜ合わされて作られた。

つまりそれは、遺伝子操作で我々人類が作られたという抽象的な証拠。

今回の発見もそれに関係のあることなのかもしれない……。
よしわからん!学研ムー (2016年9月号)を見よう!

これからどんな発見があるのか

2013年のエドワード・スノーデンの亡命については覚えていますか?

そのスノーデンは様々なアメリカの機密情報を暴露し、さらには『地底人』が存在すると衝撃の証言をしました。

大真面目にそんなことを暴露したんです。

これからどんどんいろんな不可思議な発見が増えていくと思います。

スマホなんかのデバイスが普及したことによって情報の伝達速度が飛躍的に上がり、人が何かを見つければそれを誰かと共有する。

秘密を隠していた組織からの離反者だってこれからどんどん出てくるでしょうね。

もう隠しきれるものではないんですよね。

これからを楽しみにしましょう。

なんか今回の発見でテラフォーマーズの設定が狂いそう……。

以上、ラハブの……じゃなくて、南極ピラミッドの記事でした!

自己啓発サイト『人生楽しい暇つぶし。』を開設しました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - ニュース , , , ,