捗る人生攻略 -人生を変えるための攻略サイト-

人生攻略情報をで人生を変えましょう!

パソコンでメモするならTeraPad!執筆するならVerticalEditor!パソコンライフが使い分けで捗ります

   

LINEで送る
Pocket

パソコンで『メモ』するときは何のソフトを使っていますか?

パソコンで『執筆』するときは何のソフトを使っていますか?

メモするのと執筆するのでは用途が別のソフトを使った方がいいです。

そんな私がおすすめするソフトを紹介します。

メモするソフトを知りたい方はすぐ下の中見出しを、執筆するソフトを知りたい方はその次の中見出しを見てください。

メモするならTeraPad!

TeraPad

TeraPad

Windowsの『メモ帳』では物足りないし、かと言って『Word』とかも重いし、『サクラエディタ』ほど多機能じゃなくてもいい……。

って方にはTeraPadをおすすめします

私も使ってるんですが、シンプルかつちょうどいいくらいに多機能なんですよ。

フリーソフトだからネットでいつでも無料で落とすことができます。

TeraPadのメリット

シンプルでわかりやすい

余計な機能やデザインでごちゃごちゃしていないのでメモするだけというときは重宝します。

不要な機能が省かれていて、何の機能がどこにあるかがわかりやすいです。

起動が速い

ソフト自体が軽いので、起動がメモ帳並みに速いです。

何かアイディアが浮かんだときにすぐに起動して書き込めるのでメモ用テキストエディタとしては最適です。

動作が軽快

起動が速いのと同じく動作自体も速いです。

TeraPadならメモだけするのにイライラするなんてことがないはずです。

プログラムコードの確認や編集に便利

TeraPadには編集モードという機能があり、普段は標準モードというただメモするだけのエディタ仕様になっているのですが、編集モードで各プログラムの名称に設定するとそのコード専用のエディタになります。

TeraPad

TeraPad

『HTML』『CSS』『javaScript』『Ruby』『Perl』『PHP』などなど、様々なプログラムコードの確認や編集に役立ちます。

執筆するならVertical Editor!

Vertical Editor

Vertical Editor

私はたまに小説を執筆したりすることがあるんですが、そのときに使うテキストエディタはVertical Editorというフリーソフトです。

パソコンに詳しくなかった頃は購入したときに同時に付いていた『Word』を使っていたんですが、起動や動作が重いのでどうしても使いづらかったんですよね。

そんな私は動きの軽さを求めてTeraPadを執筆に使うことにしました。

ただ書くだけなのでTeraPadでも良かったんですが、小説を書いているような気にならなかったんですよね。

そして私は良い執筆用ソフトがないかと探し求めたところ、発見したんです。

Vertical Editorというフリーソフトをです。

Vertical Editorというソフトは多機能で軽い動作なのにもかかわらず無料なんですから最高です。

これを見つけたときはテンション上がりました。

これで執筆作業が捗るな、と。

なんで今までこれを知らなかったんだ……と若干後悔したことすらあります。

Vertical Editorのメリット

リスト化して執筆作業を効率化

ツリー表示で各執筆原稿をリスト化する機能が標準で備わっています。

小説で第一章から第三章まで書きたいけど、同じ原稿に地続きで書くと長くなるし、だからといって別のファイルに分けるのも面倒くさいなぁ……ってときにおすすめです。

あくまで同じファイル上でいくつも原稿を分けて作業ができるんです。

Vertical Editor

Vertical Editor

第一章から第三章までのツリーリストを作って、そのさらに下に『第一章のプロローグ』や『第三章のエピローグ』などでツリーリストを作っていくこともかのうです。

Vertical Editor

Vertical Editor

設定できることがたくさんある

400字詰め原稿用紙のような見た目にしたり、脚本を書くときのような見た目にしたり、大学ノートのような見た目したり、好きなエディタ仕様に変えることができます。

サブエディタを作れば作業を二つに分けたりすることもできるので、二つの物語を同時並行的に作るときは便利です。

枚数換算ができる

執筆して小説対象に送りたいときに枚数制限ってありますよね。

Vertical Editorでは標準で今設定してある1ページ文字数設定から換算して何ページ分になるかを確認できます。

すぐ左下に書いた瞬時に表示されるので、あとどれくらい書けばいいとかがすぐにわかって作業が捗りますね。

縦書きができる

インターネットが発達して現代日本人は横書きの文字も見慣れるようになりましたが、販売されている小説というものは縦書きです。

執筆する段階で横文字で書いて完成したと思っていたけど、いざ印刷するために縦書きにしてみたら小説の印象が全然違ったなんてこともあるはずです。

それに横書きだと文字数の感覚も全然違くて、まだこれしか書いてなかったのか……なんてことにもなります。

小説を執筆するときは最初から縦書きした方がいいんです。

作成ファイルが軽い

Word原稿だとどうしてもファイル自体が重くなってしまいがちです。

しかしこのVertical Editorの作成ファイルはあくまでtextファイルなのでとても軽いです。

TeraPadでも開けるのでそんなところも便利ですよ。

そのまま原稿として印刷できる

最初に書いたTeraPadなんかで執筆していると、いちいち別のWordなんかのテキストエディタにコピペしてから印刷しなくてはいけません。

Vertical Editorだとそのまま原稿として印刷できる設定も豊富なので、とても捗ります。

終わりに

スマホが普及してパソコンの需要は減ったものの、なんだかんだいって何か作業するときはパソコンは使いますよね。

特に執筆なんかスマホでなんかやってられないです。

キーボードの方が速く入力しやすいし、機能も多い。

長さのあるメモだってパソコンの方がしやすい。

標準のメモ帳ソフトでは物足りないからTeraPadを使うことを私は勧めますよ。

執筆はVertical Editorが便利なのでおすすめです。

使い分けって大事ですよね。

以上、メモ用エディタならTeraPad、執筆用エディタならVertical Editorがおすすめする!でした!

自己啓発サイト『人生楽しい暇つぶし。』を開設しました!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

 - ソフト・アプリ・ウェブサイト , , ,